シェアブログ

2017年05月19日

  • カテゴリ:
    0 コメント

1 ::NGNG?PLT(12000).net


5月9日に都内で開催されたファッションブランドのイベントに出席したのんこと能年玲奈の発言に注目が集まっている。
のんは「美大生になりたい」と夢を語り、最近オープンキャンパスにも足を運んだと明かし「全然バレなかったです」と笑顔を見せた。
幼少期から絵を描くことが大好きで、高校卒業時にも美大への進学を考えたが、すでに芸能界での仕事をしていたために断念。
しかし夢をあきらめられず、再び美大入学を目指していると語ったのだ。

「これにはネット民が大騒ぎをしています。
通信制のある通称ムサビこと武蔵野美術大学に進学するんじゃないか、のんは現代美術家の奈良美智氏に気に入られていて絵画制作指導も受けたことがあり、
その奈良氏が教授陣入りを噂されている東京藝術大学に進むんじゃないかなど、嫉妬や羨望の入り混じった推測が噴出しています」(芸能ライター)

のんはメディア出演がほとんどないにも関わらず3月30日発売の「週刊文春」で発表された「好きな女優」ランキングで1位を獲得し、世間から強い関心を抱かれ続けている。
見事美大に合格した暁には、女優として芸能界に返り咲いてほしいものだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1310391/

続きを読む

2017年05月19日

  • カテゴリ:
    0 コメント

1 ::2017/05/15(月) 07:39:04.94ID:wxyBy93j0●?2BP(2000)


横断歩道を歩行者が渡ろうとしている状況で車を停止しない「横断歩行者妨害」の2016年の摘発件数は1250件で、過去5年間で2倍以上に増えていることが、県警への取材で分かった。

それを裏付けるように、県内3カ所で大型連休前後、繁華街にある横断歩道を観察すると、渡ろうとしている人がいても素通りする車が目立った。
歩行者からは「身を乗り出してアピールしないと車は止まらない。車社会なので、歩く人の気持ちが分からないのでは」と意識の低さを嘆く声が聞かれた。

道交法で横断歩行者妨害は、違反点数2点、反則金9千円(普通車)と定められている。

県内で道路横断中に歩行者がはねられた事故件数は、近年300件前後で推移。このうち横断歩道での発生が約半数を占める。道路横断中の死亡事故は12~16年に4~11件発生。
この現状を踏まえ、県警が重点的に取り締まっていることも、摘発件数増の一因だ。しかしながら、横断歩道で止まらない県民性がうかがえることも、増加の背景であるといえる。

山形、米沢、鶴岡、渡れない歩行者

山形市の七日町大通りは連休終盤の6日午後、買い物客でにぎわった。信号機がない横断歩道で、反対側に渡ろうと子ども連れやお年寄りが合わせて10人ほど待っていた。
その姿はドライバーの視野に確実に入っていたはずだが、20台以上の車が止まる気配もなく通り過ぎた。

約1分経過して数十メートル手前の信号が赤になり、車の流れが途切れて初めて、人々は足早に渡った。
1時間ほど見ていたが、車列の1台目で止まった車はなかった。

東根市の主婦(63)は「車が止まるとは思ってない」と諦めた様子。「歩くとマナーの悪さに改めて気付く。自分が運転するときも気を付けたい」と話した。

大型店舗が立ち並ぶ米沢市徳町の国道121号にある横断歩道では平日の朝、男性会社員(38)=茨城県=が、渡るまで約3分間待たされていた。
男性は首をかしげ、「(ドライバーが)あえて歩行者と目を合わせないようにしていると感じた」。

JR鶴岡駅に近い鶴岡市大宝寺町の横断歩道で平日夕、1分以上待たされていたのは宮城県から出張中の男性(53)。
約20台が通過し、流れが途切れると小走りに渡り「歩行者が優先と教習所で習ったはずだが…」とあきれた様子だった。

日本自動車連盟(JAF)の調査によると、信号機のない交差点における歩行者保護について、本県のドライバーで「知っており、行動に移している」と答えたのは66・5%。全国平均70・7%を下回った。

県警は「歩行者保護はマナーではなく義務。意識付けを徹底していきたい」としている。

横断歩行者の保護意識が低い本県。七日町大通りでは、近くの信号が赤に変わるまで、次々と車が横断歩道を通過した=山形市七日町1丁目
http://yamagata-np.jp/news/201705/14/img_2017051400277.jpg

配信 2017年05月14日 10:04

山形新聞
http://yamagata-np.jp/news/201705/14/kj_2017051400290.php

続きを読む

2017年05月19日

  • カテゴリ:
    0 コメント

1 ::NGNG?PLT(12000).net


これでいいじゃないか! スバル・インプレッサスポーツ1.6Lモデル試乗記

今回試乗したのは、ハッチバックモデルの「インプレッサスポーツ」。ほかにセダン型のボディーを持つ「インプレッサG4」がラインナップされる
オプションの「ブラックレザーセレクション」を選択したテスト車のシートは、なめらかな触感を特徴とする本革仕立て。
前席(写真)にはシートヒーターも備わる
運転席まわりの様子。本革巻きのステアリングホイールやシフトノブは「ブラックレザーセレクション」に含まれる
1.6リッター水平対向4気筒エンジンは、最高出力115psを発生。JC08モードの燃費値は、今回テストした4WD車で17.0km/リッター。
FF車では18.2km/リッターとなる
メーターはオーソドックスな2眼タイプ。中央には、液晶のマルチインフォメーションディスプレイがレイアウトされる
トランスミッションは、「リニアトロニック」と名付けられたCVTのみ。パーキングブレーキは電動式となる
「インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight」には、16インチのアルミホイールが与えられる。
今回のテスト車は冬用タイヤの「ブリヂストン・ブリザックVRX」を装着していた

http://www.asahi.com/and_M/articles/SDI2017031311181.html

http://www.asahicom.jp/and_M/articles/images/AS20170313002789_comm.jpg
http://www.asahicom.jp/and_M/articles/images/AS20170313002791_comm.jpg
http://www.asahicom.jp/and_M/articles/images/AS20170313002797_comm.jpg

続きを読む

2017年05月19日

  • カテゴリ:
    0 コメント

1 ::2017/05/15(月) 05:27:44.59ID:zYoOzt0W0?2BP(1500)


松阪市小津町のゲームセンターで3日午前、建物のすき間に座ったまま死亡していた男性は、
久居署のその後の調べで、名古屋市出身、住所不定、無職、立松昇さん(32)と分かった。
解剖の結果、死因は凍死とみられる。

http://www.chottonews.com/?p=738

続きを読む

2017年05月19日

  • カテゴリ:
    0 コメント

1 ::NGNG?PLT(15610).net


ロッテ勝率.257、16日にも自力V消滅 伊東監督「勝ったのが遠い昔のよう」

今季3度目の5連敗で借金17、6敗目の唐川は「半分自滅みたいなもの」

 東京ドーム左翼席をぎっしり埋めたロッテファンの熱烈な声援にも
白星で応えられなかった。14日の日本ハム戦に2-4で敗れ、
ロッテは今季3度目の5連敗。借金も17に増え、
最短で16日の本拠地西武戦で自力Vが消滅する。

 昨年の自力V消滅は6月30日のソフトバンク戦だったが、
今季はまさに記録的な早さ。勝率も.257と、1957年近鉄パールズの
プロ野球シーズン最低勝率(2リーグ制後).238も笑っていられなくなる。

 この日は、4月20日以来のダフィー、パラデス両外国人がスタメン。
そのダフィーの4号ソロなどで2回に2点を先制したが、
先発・唐川が踏ん張り切れない。3回1死一塁から石井一、
西川に連続四球を与えると、岡の犠飛と近藤のタイムリーで同点。
2-2の5回にはレアードに勝ち越しタイムリー、
6回には西川にもタイムリーを浴び、6回117球、
7安打4失点で早くも今季6敗目(1勝)を喫した。

 「勝負所で甘かった。打線と守りがかみ合わない。
 唐川はキレのある球を投げていたし、今日はいけると思ったが、
 半分自滅みたいなもの。とにかくきっかけを一つ掴んで
 勝っていくしかない。この1週間一つ勝ったのが、遠い昔のようだ」と
伊東監督も力なく笑うしかなかった。

 早急の補強を明言している林球団本部長は、この3連戦で
伊東監督とも話し合っており「具体的なことは内緒です」と
いつも通りだが、左翼席のロッテファンの熱い声援を持ち出して
「(その思いに)応えなければならないですね。
 目の前の試合をきちっと戦って、まず結果を出すことが大事です」と
言及した。戦力のテコ入れを含め、
梅雨入り前に上昇のきっかけをつかみたい。

https://full-count.jp/2017/05/14/post68554/

続きを読む
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索