シェアブログ

2017年05月19日

  • カテゴリ:
    0 コメント

1 ::NGNG?PLT(15000).net


NPO法人鹿児島グルメ都市企画(鹿児島市)は同市内で運営する
「かごっまふるさと屋台村」の営業を2020年末で終了すると発表した。
当初から10年程度の想定で事業を始めており、鹿児島国体などがある
20年を区切りにするという。土地を所有する総合商社の南国殖産(同)は
終了後について、現時点では未定としている。

 屋台村はJR鹿児島中央駅近くにあり、12年4月に開業した。
県産食材を使った料理や鹿児島弁による接客が国内外からの観光客や
出張のビジネスパーソンらに好評。5年間の累計で220万人超が訪れ、
16年度は計画を上回る7億円弱の売り上げがあった。

 現在入居しているテナント25店は18年3月末で契約が終了。
18年4月から2年9カ月で営業する店舗を募集・選考する


http://www.nikkei.com/article/DGXLZO16260590R10C17A5LX0000/

続きを読む

2017年05月19日

  • カテゴリ:
    0 コメント

1 ::NGNG?PLT(15000).net


家庭から毎日のように出る「ごみ」。記者が活動の拠点とする大垣市では
市クリーンセンターの職員が毎回、決まった日に回収に来てくれる。
当たり前のこととして普段あまり考えたことがなかった彼らの仕事に密着した。【渡辺隆文】


 市クリーンセンターの小岩宏幸・清掃グループ主幹に取材の趣旨を
伝えると「本当に大変ですよ。腰痛にならないように気をつけてください」と
不安そうだった。こっちも急に不安になってきた。

 週2回ある可燃ごみ収集日の一日に同行した。ごみ収集車には3人が
乗り込み、午前8時半から作業を始める。記者を指導してくれたのは、
南園美喜雄班長(48)と箕浦敏広副班長(46)。出発前、2人から
「交通事故と作業事故に気をつけてください」と注意を受ける。作業場所のほどんどは、
他の車や歩行者も利用する公道だ。小さな路地にバックで入って行くことや、
交通量の多い道路に横付けすることもある。

https://mainichi.jp/articles/20170514/ddl/k21/040/021000c

続きを読む

2017年05月19日

  • カテゴリ:
    0 コメント

1 ::NGNG?PLT(13611).net


慰安婦を巡る再交渉、61%「不要」…読売調査 (読売新聞) - Yahoo!ニュース
 読売新聞社の全国世論調査で、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が、大統領選挙の期間
中、慰安婦問題を巡る日韓合意の再交渉を求めていたことについて聞くと、日本政府が再交渉
に「応じるべきではない」と答えた人は61%に上り、「応じるべきだ」の25%を大きく上回った。

 慰安婦問題を巡る日韓合意は、「最終的かつ不可逆的な解決」を定めている。今回の調査では、
再交渉に対する日本国民の拒否感の強さが浮き彫りとなった。

 今後の日韓関係については、「変わらない」58%が最多で、「悪くなる」23%、「良くなる」8%。
北朝鮮との対話を重視する文氏の方針が、核やミサイル問題の解決につながると「思わない」人
は65%に上り、「思う」は23%だった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170514-00050136-yom-pol

続きを読む

2017年05月19日

  • カテゴリ:
    0 コメント

1 ::NGNG?PLT(12345).net


いわゆる「ホタル族」らがマンションのベランダなどで吸うたばこの煙が近隣住宅へ流れる受動喫煙に対し、被害者団体が結成され、日本弁護士連合会に人権救済申し立てを行うことが14日、分かった。
火災も増えているとみられ、飲食店や公共施設での受動喫煙規制の議論が高まる中、喫煙者への風当たりはさらに厳しくなる。

団体の名称は「近隣住宅受動喫煙被害者の会」。
全国で一定程度の会員が集まり次第、人権救済を申し立てるとともに、「ベランダ喫煙禁止法」の制定を目指し、厚生労働省や国土交通省に働きかける。
さらに各自治体に対し、近隣住宅での受動喫煙を防止する条例の制定を求めるという。

代表となる埼玉県在住、荻野寿美子さん(49)は、マンション近隣宅の喫煙に悩まされ、解決するまでに5年かかった。
「煙を吸うと、涙が出てせきが止まらなかった」。医者に受動喫煙症と診断され、ベランダでの喫煙に注意喚起の紙をマンションに掲示しても変わらず、管理組合や管理会社と掛け合った。人間関係の悪化を恐れ、喫煙者と直接やり取りすることは避けたため時間がかかったという。

荻野さんは小学生の頃、肺炎や気管支炎を繰り返し発症するほど病弱だった。
父親は「たばこで死ねるなら本望だ」というほどのヘビースモーカーで、禁煙を泣いて頼んでもやめなかった。

突発性間質性肺炎などを患い、父親は平成22年に亡くなったが、荻野さんは「肺が破れて空気が体内に漏れ、上半身が風船のように膨らむなど壮絶な最期だった。本人にとっても家族にとってもつらい目に遭わせた」と話す。

ベランダでの喫煙被害については、24年12月に司法判断が出ている。
名古屋地裁は、名古屋市のマンションで、階下に住む男性のたばこの煙により、女性が体調を崩したとして、男性に慰謝料5万円の支払いを命じた(確定済み)。

http://www.sankei.com/life/news/170515/lif1705150007-n1.html

続きを読む

2017年05月19日

  • カテゴリ:
    0 コメント

1 ::NGNG?PLT(12015).net


稀勢の里が新調した化粧まわしで横綱土俵入りを披露した。
3場所連続優勝のかかる横綱が花道から入ってくると、国技館の相撲ファンからはひときわ大きな拍手と歓声。
土俵へ上がると、人気漫画「北斗の拳」のキャラクター「ラオウ」が描かれた化粧まわしで力強く、ゆったりと雲竜型の土俵入り。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170514-00000052-asahi-spo

続きを読む
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索