シェアブログ

2017年05月19日

  • カテゴリ:
    0 コメント

1 ::NGNG?PLT(16930).net


120歳まで生きたいと口にしていた女傑オノ・ヨーコ(84)に幻覚型認知症が忍び寄っている。世界を股にかけるバイタリティも、
亡夫ジョン・レノンから引き継いだ巨万の富も、その侵食を阻むことあたわず。実弟による病状の告白が人生の無常を訴えかける。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170515-00521109-shincho-ent

息子のショーンと
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170515-00521109-shincho-000-1-view.jpg

続きを読む

2017年05月19日

  • カテゴリ:
    0 コメント

1 ::NGNG?PLT(16930).net


お笑いトリオ・我が家の坪倉由幸が、13日に放送されたインターネットテレビ局・AbemaTVの番組『芸能人黒歴史ツアーズ3~
三四郎&アンガールズ&ニューヨーク&カミナリが赤面SP~』(20:00~)で、お笑いコンビ・アンガールズの
田中卓志の貯金がまもなく1億円になることを暴露した。

坪倉は「田中さんは、結婚できないのを容姿のせいにしているけど、ホントは心なんです」と話し、視聴者からも
「田中をわかってくれる女子が現れたらいいね」「田中はもう一生独身でいいと思う」などのコメントが寄せられた。

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170514/Cobs_1626700.html
https://s.eximg.jp/exnews/feed/Cobs/Cobs_1626700_8426_1.jpg

続きを読む

2017年05月19日

  • カテゴリ:
    0 コメント

1 ::NGNG?PLT(12100).net


14日午後1時50分頃、山梨県丹波山村の山中にある小室川の斜面で、県警ヘリ「はやて」が
左足首を負傷した男性の救助活動を行っていたところ、男性の周辺に樹木や石が落下した。

男性は意識不明の状態で甲府市の病院へ運ばれ、死亡が確認された。

県警は、ホバリングをしていたヘリのローターによる風圧で落石などが起き、男性に当たった
可能性があるとみて、業務上過失致死容疑を視野に捜査する。

また、救助のために近くにいた上野原署員と、ヘリから下りてきた県警救助隊員の2人が
落石などでけがをした。ともに軽傷とみられる。

県警の発表によると、男性は横浜市の40歳代男性とみられる。男性が使っている車が
丹波山村内の林道で発見されたため、県警が14日午前9時頃から現場付近を捜索していた。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20170514-OYT1T50133.html?from=ytop_main7

続きを読む

2017年05月19日

  • カテゴリ:
    0 コメント

1 ::NGNG?PLT(12121).net


民進党の蓮舫代表は14日、熊本市で開かれた党会合で、4月に離党届を提出した長島昭久・元防衛副大臣や
代表代行を辞任した細野豪志・元環境相の対応について、「最低だと思っている」と厳しく批判した。

会合出席者から、両氏の対応が党の支持率低迷の原因と指摘されたのに答える形で述べた。
その上で、「苦しくても、一緒に理想を掲げて議論をして仲間を増やしていく」と述べた。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170514-OYT1T50119.html

続きを読む

2017年05月19日

  • カテゴリ:
    0 コメント

1 ::NGNG?PLT(12000).net


http://www.sankei.com/premium/news/170514/prm1705140004-n6.html

日本の周囲は反日宣伝や不当な領土占拠を続ける国だらけ 憲法9条信奉者に考えて欲しい欠格とは 元陸将補 矢野義昭

 特に、自衛隊が間に合わないか、戦力を消耗させた後も、自力で戦い続ける力を国民自らが持たねば、自分の身の安全も家族の保護もできなくなるであろう。  

 今の日本国民は成年男子ですら、大半が銃の扱い方一つ教わらず射撃の訓練も受けてはいない。自衛隊の予備役制度を充実させるとともに、郷土と家族を自ら守る郷土防衛組織の整備が必要であろう。

そのような組織は、防災その他の危機時にも効果的に活躍できるはずであり、地方自治体としても地域住民の安全のためにも、率先して整備すべき組織ではないだろうか。  

 9条信奉者は、抵抗せず降伏すれば、非戦闘員は保護されると思い込んでいるのかもしれない。しかし、日本への侵略をしそうな周辺国は、いずれも国際法規を順守する国柄ではない。

今でもあからさまな反日宣伝や不当な領土占拠を続けている国ばかりである。

続きを読む
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索